あいおいニッセイ同和損保の火災保険の特徴や評価とは?

 

 

戸建てで火災保険に新規に加入する人
火災保険の見直しを考えている方は
さまざまな会社を調べていると思います。

 

今回はあいおいニッセイ同和損保の火災保険についてご紹介します。

 

あいおいニッセイ同和損保(マイホームぴたっと)の特徴

 

 

あいおいニッセイ同和損保はあいおい損害保険会社とニッセイ同和損害保険会社が
2010年に合併した会社で三井住友海上火災保険会社と共に
MS&ADホールディングスの傘下に入っています。

 

ですので火災保険の内容も
三井住友海上火災保険と似ている部分が多くあります。

 

あいおいニッセイ同和損保はバランスがとれた標準的な火災保険で
また三井グループのため大規模な資金があることが売りの会社です。

 

特徴@3つのプランから選ぶ

 

補償内容 ワイドプラン ベーシックプラン エコノミープラン
火災
風災
水災 ×
盗難 ×
そうじょう ×
水濡れ ×
落下・飛来・衝突 ×
破損・汚損 × ×
地震

 

ワイドプラン、ベーシックプラン、エコノミープランの3つから選びます。
シンプルで選びやすいのが特徴です。
ちなみに風災は免責金額を20万円に設定して補償を薄くすることも可能です。

 

特徴A特約にはさまざまな補償がそろっている

 

火災保険には補償内容以外にも
さまざまな特約をつけてさらなる被害をカバーすることができます。

 

例えばですが、地震火災費用特約は
地震保険では最大でも50%の被害までしかカバーできませんが、
この特約をつけることで80%100%まで補償範囲を広げることが出来たりします。

 

このように火災保険で届かない部分の被害を補償するために
特約は重要な役割を果たします。

 

火災保険会社によっては取り扱っている特約に差がありますが、
あいおいニッセイ同和損保は特約の種類としては
基本的なものはもちろん、他社ではあまり取り扱っていないものまで
取り扱っているので特約をつけてさらなる範囲をカバーしたい人にはおすすめです。

 

特徴B契約する条件によって幅広いサービスも

 

水回り、鍵周りのトラブルが起こった際に電話1本で無料で駆けつけてくれるサービスと
暮らしのトラブルや税務の相談を無料で行うことができるサービスがついてきます。

 

これらのサービスは他の多くの保険会社でも取り扱っていますが、
補償内容をワイドプランに加入していくつかの特約をつけると
家具1つを移動するサービス
蛍光灯や照明を交換するサービスが追加でついてきます。

 

ですのでお年寄りや体を動かすのが困難な人にもおすすめのサービスです。

 

あいおいニッセイ同和損保のまとめ

 

 

あいおいニッセイ同和損保は
全体的に言うとバランスがとれたスタンダートな火災保険で
特約も手広い範囲を補償することができますが、

 

悪く言うと目立った割引制度やサービスがあまりなく、
この会社を選ぶ価値は人によっては薄いです。

 

基本的な補償プランを選びたい、
特約をつけてもっと細かいところまで補償したいという人にはおすすめですが、

 

火災保険で保険料を節約したい
何か特別なサービスや補償内容をつけたいという方には
あまりおすすめできません。

 

まずは一度各保険会社のサービスや保険内容を比較してみて
より自分に合った、ほしいサービスや補償内容がついている
火災保険を選ぶことをおすすめします。