SBI損保の火災保険の特徴とは|安くて補償も自由!?

 

戸建ての火災保険に加入しようと思っている方や
火災保険を更新しようとしている方は
保険会社をどこにしようか迷っていると思います。

 

ですので今回は通販型で有名なSBI損保の特徴についてご紹介します。

 

SBI損保の火災保険の特徴とは?

 

SBI損保は2006年に設立された会社で、あいおいニッセイ同和損保と
SBIホールディングスが提携して作られました。

 

生命保険や自動車保険などを扱っていましたが、
2016年になり火災保険の販売も始めました。

 

最近できた新しい保険会社で、知名度は低いですが、
補償を自由に選ぶことができる、
独自のサポート、割引制度を取り扱っているので、
魅力的な点も多い保険会社です。

 

特徴@補償内容が自由

 

SBI損保は火災、落雷、破裂・爆裂と言った補償が基本補償になっていて、
それ以外は建物、家財それぞれ好きな補償を選んでつけることができます。

 

ですので火災保険の補償内容を細かく決めることができるので、
自分に本当に必要な補償だけを選ぶこともできますし、
フルカバーにしたりと自由度がとても広いです。

 

特徴A独自の割引制度

 

火災保険の保険会社にはさまざまな割引制度がありますが、
SBI損保の場合は他社にはない独特な割引制度があります。

 

ノンスモーカー割引

 

(1)建物に住む人がその建物の所有者であること。(賃貸ではない)
(2)その建物に住んでいる人が喫煙者でない

 

この二つの条件を満たしているときに割引される制度です。

 

この割引制度は他社ではほとんど取り扱っていない制度で
適用範囲も広いのが特徴です。

 

オール電化割引制度

 

住宅内の給湯、空調、調理を全て電気でまかなっている場合に
割引される制度で、これはセコム損保にもある割引制度ですが、
SBI損保は石油ストーブや卓上コンロを使用しても良いと
条件が緩くなっています。

 

 

この二つの割引制度があるので、
条件に当てはまる人は保険料をかなり節約することができます。

 

Bハウスサポートが充実

 

SBI損保はハウスサポートが他の保健会社と比べてもかなり充実しているのが特徴です。
日常生活でトラブルが起こったとき電話1本で無料で応急処置を行ってくれるサービスです。

 

水回りのトラブル、鍵周りのトラブルはもちろん、
SBI損保の場合は窓ガラスが破損した場合、電気やガスが故障した場合のトラブルにも
無料で対処してもらえるので他の会社と比べても範囲が広いことが特徴です。

 

SBI損保のまとめ

 

SBI損保はこのように補償範囲が自分で選べる、
割引制度、ハウスサポートが充実しているので
保険料も安く、補償・サポートも充実した火災保険を選ぶことができます。

 

ですのでSBI損保は火災保険の中でもかなり優良な会社です。

 

ですが火災保険は各会社によってさまざまなサービス・特徴があり、
一人一人保険料が安い・補償サポートが充実した保険は違ってきます。

 

ですので一度各保険会社を軽くでも良いので比較してみることをおすすめします。