セコム損保の火災保険の特徴|戸建てでは○○!?

 

新築や中古で火災保険を購入した方や
火災保険の見直しをしようと考えている方は
どの保険会社にしようか迷っていると思います。

 

当サイトではさまざまな火災保険会社を紹介していますが、
今回はセコム損保の火災保険の特徴について紹介します。

 

セコム損保(セコム安心マイホーム保険)の特徴

 

株式会社セコムはホームセキュリティの会社としてよく知られていて、
セコム損保は東洋火災海上保険会社が1998年に株式会社セコムに
買収されてできた会社です。

 

生命保険やがん保険を扱ってはいますが、
ホームセキュリティ会社を元としていることからも火災保険を得意としています。

 

特徴としては他の火災保険会社にはない割引制度やサービスが充実しています。

 

特徴@3つのプランから選択

補償内容 ワイドプラン ベーシックプラン スリムプラン
火災
風災
水災 × ×
盗難
そうじょう ×
水濡れ ×
落下・飛来・衝突 ×
破損・汚損 ×
地震

 

セコム損保にはワイドプラン、ベーシックプラン、スリムプランの3種類のプランがあります。
セコム損保では水災の取り外しが可能で、
風災は免責金額を他の会社と同様に20万円まで設定できるようになっています。

 

特徴Aサービスや補償内容が充実

 

セコム損保は独特なサービスや補償内容が充実しています。

 

セキュリティ・グレードアップ費用という
火災、破裂・爆発、盗難に遭って保険金が支払われた場合、
180日以内に金庫や監視カメラ、消火器をつけるならば
1敷地につき50万円の補助がもらえるサービスがあります。

 

その他にも水道管が凍結して、破損した場合の修理費用を出してくれるサービス
など特徴的なサービスが多いのが特徴です。

 

特徴B割引制度が充実

 

他の会社にもさまざまな割引制度がありますが、
セコム損保の場合は特徴的な割引制度が二つあります。

 

ホームセキュリティ割引

 

火災や盗難を防止するためにセキュリティ会社に加入していて、
常時監視する機会を設置していて、有効な場合
火災保険の保険料が17%から37%割引になります。

 

火災、盗難どちらかを対策している場合も
17%よりも低い割引率にはなりますが、割引をしてもらえます。

 

オール電化割引

 

空調や給湯、料理などを全ての設備を電気でまかなっている場合は
保険料が7%から17%割引になります。

 

石油ストーブやガスヒーターを使っている場合は対象外になってしまいます。

 

条件を満たしていれば、割引率が高いので
保険料は他社と比べてもかなり、割安に抑えることができます。

 

 

この割引制度の他にも建物の築年数が10年未満の場合は
最大で1%〜10%の割引、
火災保険を長期契約をすることで6%〜10%の割引など
かなり割引制度が充実しているので
住んでいる住宅によっては半額以下に火災保険料を抑えることが可能です。

 

セコム損保のまとめ

 

セコム損保は補償内容が充実していながら、
割引制度が充実していて、条件に当てはまれば保険料をかなり安く抑えることができます。

 

広告などもあまり出しておらず、知名度は低いかもしれませんが、
火災保険会社の中でもかなり優良な会社です。

 

ですが他の火災保険会社にも割引制度があったり、セコム損保にはない
魅力的なサービスを取り扱っていたりしているので、
一度は比較してからじっくり考えることをおすすめします。