一戸建てに火災保険の破損・汚損は必要?いらない?

 

 

一戸建ての人で新築や中古を購入した人、
火災保険を入り直そうとしている方は
補償内容について悩んでいらっしゃると思います。

 

そんな中でも破損・汚損と言った補償内容がありますが、
そもそも何を補償するものなのか?
一戸建てには必要なのか?いらないか?イマイチわかりにくいですよね。

 

ですので今回は火災保険の破損・汚損とはそもそもどんな補償なのか?
一戸建てに破損・汚損の補償は必要かいらないかについて紹介します。

 

そもそも破損・汚損とは?

 

 

 

火災保険の破損・汚損とは日常的に起こる偶然起こるものが壊れてしまった・
傷ついた汚れてしまったというものを補償するものです。

 

火災保険は火事や水害、風災と言った災害を補償するようなイメージがありますが、破損・汚損は珍しく日常生活の中のものを補償します。

 

破損・汚損の補償範囲とは?

 

破損・汚損の補償範囲はさまざまなケースが想定できますが、
いくつかご紹介します。

 

補償範囲に含まれるもの

 

子供が中で遊んでいたら窓ガラスが割れてしまった。
誰かに家の外壁にいたずら書きをされてしまった。
掃除をしていたら液晶テレビを倒して壊してしまった。

 

補償範囲に含まれないもの

 

スマートフォンを落として画面を割ってしまった。
機能的に支障がない床の傷

 

補償範囲に含まれているもの、含まれていないものはあくまでも目安です。
破損・汚損と言っても本当にさまざまなケースを想定することができて、
一概に含まれる・含まれないとは言い切れないからです。

 

保険会社の基準としては機能を失ってしまう・外見を損なうと紹介していますが、
各保険会社の裁量によっても大きく異なってきます。

 

例えばですが、床や壁の傷と言っても塗装が広範囲で剥がれてしまったなどは
ある保険会社では外見を損なう基準に満たすとして払われるケースもありますし、
穴が空いてしまうほどでないと支払われないケースもあります。

 

ですので各保険会社ごとによって補償範囲は変わってくると言うのが事実です。

 

補償範囲に含まれていないものとしてはスマートフォンが挙げられます。
スマートフォンは割れてしまう頻度も多く、高額なのでそもそも含まれていません。

 

破損・汚損の落とし穴・・・

 

火災保険の破損・汚損は日常の様々な被害を補償してくれますが、
注意点として免責金額が挙げられます。

 

免責金額
被害にあったとき自分で負担する額のことです。
例えば10万円の被害を受けたとき
免責金額を3万円としていれば3万円は自分で負担し、
残りの7万円だけ補償してもらうということです。
この場合は仮に3万円以下の被害は全て自己負担ということです。

 

免責金額を高く設定すれば設定するほど保険料が安くなるメリットがありますが、
その一方で補償は薄くなってしまいます。

 

破損・汚損の場合は免責金額が設定されている場合が多いので、
その額をしっかりと確認しておきましょう。

 

一戸建てに火災保険の破損・汚損は必要?いらない?

 

結論を言ってしまうと一戸建てに破損・汚損はつけておくと便利ですが、
補償の手厚さは人によって違ってきます。

 

必要?いらない?どっちなの?と思うかもしれませんが、一人一人
何を重視するのかによって補償の手厚さを選ぶことがおすすめです。

 

例を挙げると
保険料を少しでも安くするために補償は薄くするという考え方や
子供がいる家庭は住宅や物が壊れる汚れると言った被害が頻繁にあるので手厚くするなどの考え方です。

 

目安としてはあくまでも保険はいざとなったときに備えるものなのでもらって嬉しいときと切り分けて考えて、
自分がいざとなったらカバーできない・払えない部分を補償してもらえるように補償をつけるのが
おすすめです。