一戸建ての火災保険に水濡れは必要?いらない?

 

 

一戸建てをたててこれから火災保険に加入しようと考えている方や
火災保険の契約期限が切れて、火災保険を入りなそうとしている方は
補償内容について悩んでいらっしゃると思います。

 

その中でも特に水濡れ補償はどのようなものなのか?
水災と何が違うのか分かりにくいですよね・

 

ですので今回は一戸建てに水濡れ補償は必要なのかどうか徹底調査してみました。

 

そもそも水濡れとは?

 

 

水濡れ補償とは建てもの内の水の給水設備や排水設備が故障したことによる被害を補償するものです。
水濡れ補償はあくまでも自然災害は含まず、そのような設備の故障のみが補償対象になります。

 

水濡れの補償内容とは?

 

給水・排水設備の故障と言ってもさまざまなケースが考えられると思うので、
具体的なケースをご紹介します。

 

補償内容に含まれる

 

スプリンクラーの誤作動で床が水浸しになってしまった。
トイレや洗濯機の排水設備が故障して、水漏れが起こってしまった。
雨どいが強風によって飛ばされて、水浸しになってしまった。

 

補償内容に含まれない

 

洗面器に水をためてたら溢れてしまった。

 

水災に含まれる例

 

台風によって川が氾濫して水が浸水してしまった。
高潮が起きて水浸しになってしまった。

 

一戸建てにおいて給水・排水設備というのはなかなか思い浮かばないかも
しれませんが、スプリンクラーや水道管、雨どい、給水タンクなど
意外と給水・排水設備は多いものです。

 

ですので一戸建てに補償内容に含まれるケースは多岐にわたります。

 

ですが注意してほしいのが洗面器やお風呂に水をためていたら溢れてしまった場合など
自分のミスによって起こったものは補償対象にはなりません。

 

また台風や高潮と言った自然災害によって起こったものは水災の補償範囲に含まれます。

 

あくまでも水濡れ補償は排給設備が事故や故障によって壊れた場合のみ補償されるものです。

 

一戸建てには水濡れは必要?いらない?

 

一戸建てに水濡れは必要なのか?いらないのか?と言うと
結論を言ってしまうとどちらでも良いです。

 

マンションなどの集合住宅の場合は給水や排水設備は特に壊れやすく、
上の階から水が漏れてくると言ったケースも考えられてつけておくべきですが、

 

一戸建ての場合は基本的にはマンションのようなケースもないので、
保険料を抑えたければ補償を外す、
念のためつけておきたいなら一緒につけると言った
人それぞれ何を重視するかでつけるべきか変わってきます。

 

水濡れ補償と一緒のケースが多い補償に注目

 

実は水濡れの場合は火災保険の会社によっては一つ一つ取り外せる場合もありますが、
基本的には落下・飛来・衝突、騒じょう、盗難と言った被害と
セットでつける・外すと言った場合が多いので、
他の補償を見ながらつけるかどうか決めるのがおすすめです。