風災が必要な人・いらない人とは|たった数分で分かる!

 

 

これから一戸建ての購入とともに火災保険に加入しようと考えている人や
見直そうと思っている人がいらっしゃると思いますが、
選ぶうえで悩むのが風災は必要かいらないかということだと思います。

 

いざ台風が起きてしまったときのことを考えると
窓ガラスが割れてしまうかもしれないし、かと言っても
保険料はできるだけ抑えたいし、悩んでしまいますよね。

 

ですので今回は風災はそもそもどんな補償なのか?必要な人・いらない人をご紹介します。

 

風災はひょう災・雪災とセットが基本

 

風災は主に台風によって窓ガラスが割れてしまう、
屋根が吹き飛んでしまうと言った風による被害を補償してくれるものですが、
ひょう災や雪災と言った補償とセットになっているのが基本です。

 

ひょう災・雪災と言った補償はひょうがぶつかって窓ガラスが割れた、
雪の重みで家が崩れてしまったなどの被害です。

 

ですのでこの3つセットになっているので補償範囲は他の補償と比べても広くなっています。

 

風災は建物についているものも補償

 

火災保険の風災の補償は建物についているものも補償範囲に含まれます。
例えばですがカーポートや門や塀、物置、太陽光パネルと言ったものも補償範囲に含まれています。

 

これらのものはもちらん強風などによっても被害は受けますが、
ひょうがぶつかったことによる衝撃、雪の重みなどにもよって傷ついてしまう場合が多いです。

 

ちなみにこれらの建物についているものは家財保険に入っていなくても
住宅の火災保険の補償範囲に含まれているので請求をし忘れないように注意しましょう。

 

このように風災は住宅だけでなく建物についているものも補償範囲なので、
補償範囲は広いです。

 

風災は一戸建てにはつけておく。

 

 

風災はこのように補償範囲も広く、またひょう災・雪災も含めて考えると
この3つの被害が起きない場所は日本には存在しないので、
つけておくのがおすすめです。

 

また請求件数も補償内容の中でも一番多いことで知られているので、
風災・ひょう災・雪災をつけるかどうか選べたとしてもつけておくのが無難です。

 

えっ!風災にはこんな落とし穴が・・・

 

 

 

一戸建ての火災保険の場合基本的に風災をつけますが、
風災という補償には注意するべき落とし穴があります。

 

これを知らないと、いざ被害に遭ったとき痛い目を見るのでご注意して下さい。

 

落とし穴@免責金額

 

火災保険の風災には多くの場合免責金額を設定している場合があります。

 

免責金額とは自分が被害にあったときに負担する額(自己負担額)のことです。

 

例えばですが強風によってものが飛んできて窓ガラスが何枚か割れてしまって
10万円の被害が出てしまったとします。

 

仮に免責金額を5万円に設定していた場合は
10万円ー5万円(免責金額)=5万円が補償されて、残りの5万円は自己負担になります。

 

またこのとき免責金額を設定していない場合は10万円全額が補償されます。

 

免責金額を大きい額を設定するほど費用が安くなるという特徴があり、
火災保険を比較したとき明らかに安い場合は免責金額が20万円など高く設定されている場合があります。

 

保険料を抑える分には便利ですが、
その分いざ被害にあったとき自分が支払う額が多くなってしまう可能性があるので、
あくまでも免責金額を設定する場合は自分が負担できる額を設定するようにしましょう。

 

落とし穴A不動産やハウスメーカーですすめられたものを契約

 

これは風災というより火災保険全体についてですが、
不動産やハウスメーカーで火災保険を契約するのは止めておくのが無難です。

 

不動産やハウスメーカーですすめられる火災保険は多くの場合
保険会社から紹介料としてお金をもらうためにすすめていて、
不要な補償がついていたり、保険料が本当に安いとは言えないものばかりです。

 

また不動産やハウスメーカーは火災保険の知識も十分でない場合が多く、
そのような場所ですすめられた火災保険はおすすめすることができません。

 

 

また火災保険は保険会社によっても割引制度や保険料も全く違っていて、
同じ補償内容でも保険料が数万円近く違うなんてこともありえます。

 

ですので火災保険に入る場合軽くでも良いので、火災保険会社を比較してみることをおすすめします。

 

⇒火災保険の会社比較サイトはコチラ!