水災が必要な人・いらない人とは|10万円以上の節約に・・

 

火災保険に入り直そうとしている人、
また一戸建ての購入と同時に加入している人がいらっしゃると思いますが、
水災の補償は必要なのかそれともいらないのか悩むポイントだと思います。

 

ですので今回は水災の補償はどのような場合に使うのか?
必要な人・いらない人の違いなどについてご紹介します。

 

初めての人でも分かりやすく解説してみたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

そもそも水災とはどんな補償?

 

 

 

そもそも水災は台風による洪水、豪雨による川の氾濫と言った自然災害による建物の被害を補償するものです。
台風や豪雨の被害によっては、家が全損してしまうリスクもあるので火災保険の中でも、
重要な補償内容の一つです。

 

ですがその一方で水災の補償は目安ですが、年間で約1万円かかり、
必要性が薄い人がつけてしまうと保険料が高くなってしまう原因にもなっているので、
つけるかどうかよく考える必要があります。

 

水災の補償内容に含む被害・含まれない被害

 

水災において注意してほしいのが、水にまつわる全ての被害を補償してくれるものではなくて、
自然災害によるものに基本的に限るという点です。
ですので軽く補償内容をまとめてみました。

 

補償範囲に含むもの

・台風による洪水による浸水被害
・豪雨や川の氾濫によって起こる浸水被害
・豪雨による土砂災害

 

補償範囲に含まれないもの

・地震によっておこる津波・土砂災害 ⇒地震保険
・家の水道管が壊れて水浸しになってしまった
トイレや洗濯機で水漏れが発生してしまった ⇒水濡れ補償<

 

水災が必要な人・いらない人

 

 

 

水災の補償範囲を押さえたうえで水災が必要な人・いらない人をご紹介します。
水災の被害と言ってもさまざまなケースが考えることができるのでひとまとめにして
必要な人・いらない人と区別することは難しいのですが、
あくまでも目安として参考にしてみて下さい。

 

水災が必要な人

住宅の近くに川や河川、海があり浸水リスクがある人
山のふもとに住んでいる人
低地に住んでいる人

 

水災がいらない人

高地に住んでいる人
台地に住んでいる人

 

水災が必要な人は上に挙げたようにとにかく洪水や高潮と言ったものによって
家が浸水してしまう・豪雨によって土砂災害を受ける可能性が高い人です。

 

浸水や土砂災害と言ったものは被害に遭うと、住宅はもちろんのこと
家具などもダメになってしまうので、修復費用は非常に高くかかってしまう傾向があるので
入っておくことをおすすめします。

 

また低地などもそのようなリスクが高いので入っておくことがおすすめです。

 

また水災がいらない人としては高いところに住んでいて、水がなかなか来ない
洪水に遭うリスクが低い人は入る必要性は薄いので外してしまうのも一つの手です。

 

保険料を安く抑えるには・・・

 

水災の補償はいざ起きたとき被害が大きい、台風や洪水による浸水被害・土砂災害を
補償してくれる一方で、1年間で約1万円も保険料がかかるので、10年契約の場合
約10万円もかかってしまい、金銭的に負担が大きい補償の一つです。

 

ですので金銭的に水災はつけるかどうか迷ってしまうかもしれませんが、
実は水災の補償をつけながら保険料を安くする方法があります。

 

一戸建ての火災保険の保険料を安く抑える方法についてはこちらにまとめてみたので参考にしてみて下さい。