一戸建ての為の火災保険|20万以上安い会社の選び方

 

 

戸建てを新規や中古で購入、
もしくは火災保険に入り直そうとしている方は
どの火災保険がお得なのか?
どこの会社の火災保険が保険料は安いのか?
どんな基準で選べばいいのか?などと迷っていらっしゃると思います。

 

ですので今回は火災保険について全く知識がない人でも分かりやすく、
一戸建ての火災保険の選び方についてまとめてみました。

 

 

 

火災保険の知らないと危険な前提知識

 

 

火災保険についてある程度調べたよ、
知っているよという方は読み飛ばしてもらってかまいませんが、
知っておかないといざというときに困る基礎知識についてまとめてみました。

 

火災保険は火災だけを補償するものではない。

火災保険と聞くと何となく、住宅の火災の被害を補償してくれるものという
イメージがあるかもしれませんが、
火災保険はあくまでも住宅の被害全体を補償するものです。

 

風災や水災・水漏れと言った様々な補償内容があって、
住んでいる地域や環境によって補償を選んでいくものです。

 

ですので火災保険はいざとなったとき、住宅の被害を様々補償できるので、重要な保険です。

 

火災保険は安ければいいわけではない。

もちろん火災保険は安くすれば、家計の節約にもなりますし、
安くなれば確かにお得ですが、安ければ安いほどいいわけではありません。

 

いくら安くなると言っても必要な補償まで削ってしまうと、万が一のとき被害が起こったときに補償するという
保険に入る意味がなくなってしまいます。

 

ですので火災保険で保険料を安くするには必要な補償は残しておいて、
残りの不必要な補償を削っていくのがポイントです。

 

あくまでも補償は削りすぎない方が良いということです。

 

火災保険は工夫しだいで何十万の節約に

一戸建てを購入したときついついその流れで一緒に火災保険も入ってしまいがちですが、
実はその火災保険のせいで、何十万円も損している可能性があります。

 

火災保険の場合は生命保険などと違っていて、一度入ったらずっと放置したままでなかなか見直す・選び直すことが少ない保険なので、不必要な補償がついたまま、気づいたら二十万円損していたということがよくあります。

 

また保険の価格が会社ごとに違っていて、会社によっては同じ補償内容でも
年間で1万円以上違っているということもあります。

 

ですので火災保険の選び方次第で数十万円の節約というのは信じられないかもしれませんが、可能です。

 

初めてでも分かる!一戸建ての火災保険の選び方

 

 

ここからは一戸建ての火災保険の選び方についてご紹介します。
火災保険を選ぶのが初めてという人でもわかりやすく紹介しているので
参考にしてみて下さい。

 

ステップ@家財保険の補償金額

 

 

まず最初に火災保険に家財保険を付けるかどうか選ぶことができます。
火災保険は住宅の被害を補償する保険ですが、
家財保険は家の冷蔵庫やエアコン、ソファと言った家具や
洋服や日常雑貨も補償してくれる保険です。

 

家財保険はいらないんじゃないの?と思うかもしれませんが、

 

火災が起きて、家具や洋服、日常雑貨が全て燃えてしまったときも
もちろんですが、落雷による電化製品の故障、空き巣によってものが盗まれて
しまったときもカバーすることができる保険なので
想像以上に補償範囲は広いです。

 

また一戸建ての場合は
家財は再びそろえるのにも数百万から1000万かかる場合も多く、
家財保険は少額でも良いので入っておくことをおすすめします。

 

ステップA地震保険を付けるかどうか

 

 

 

まず地震保険は基本的に地震保険だけで入ることができず、
火災保険と一緒に加入することができます。

 

地震保険は地震の揺れによって建物が壊れた場合以外にも、
地震による津波・火災といった被害も補償範囲になっています。

 

地震保険の補償金額は火災保険で設定した補償金額の30%から50%となります。
つまり火災保険で2000万円補償金額を設定していたら、
2000万円の30%から50%つまり600万円から1000万円が
補償されるということです。

 

ですので一戸建ての場合、万が一地震によって家が崩れてしまって、ローンだけが残ってしまうという
リスクを考えると、ローンが多い方は地震保険は入っておくことをおすすめします。

 

 

ステップB補償内容を決める

 

 

 

火災保険は先ほど紹介したように
風災や水災、落雷、水濡れと言った様々な住宅の被害を総合的に
補償するものです。

 

軽く一覧表を作ってみました。

 

 

火災

住宅の火災による被害を補償します。
基本的にすべての火災保険についています。

水災 洪水などで家が浸水してしまったときに、被害を補償します。
風災・ひょう災・雪災

基本的にこの3つはセットになっています。 
風災は台風によって窓ガラスなどが割れたとき
ひょう災はひょうが降って屋根などが傷ついてしまったとき、
雪災は雪が屋根に積もって、家が倒壊したときなどの被害を補償するものです。

水濡れ

水災と同じように思うかもしれませんが、
水塗れは主に給水・排水設備が壊れてしまったときの被害を補償するものです。

落雷 名前の通り落雷によって受ける被害を補償します。これも基本的に全ての火災保険に含まれています。
落下・飛来・衝突

近くに公園があって窓ガラスにものが飛んできてぶつかって窓ガラスが割れたときの被害を補償するものです。
ただし台風などによってものが飛んできて被害を受けた場合は風災になります。

騒じょう 大規模なデモによって、住宅に被害が出た場合に補償するものです。
破損・汚損

家の中の家具などを運んでいて床を傷つけてしまったときや、
うっかり塗料を落としてしまったなどの被害を補償します。

爆発・破裂

ガス爆発などの被害を補償するものです。これも基本的に
全ての火災保険の補償範囲になっています。

盗難 空き巣に入られたときなどに割られた窓ガラスなどを補償するものです。高価な宝石や美術品は補償されません。

 

基本的に注目するべき補償としては
水災、風災・ひょう災・雪災、水濡れと言った補償内容です。

 

住んでいる地域によってこれらの自然災害は起こりやすさに差があり、
保険料もつけるかどうかで変わってくるので、
選ぶうえで重要なポイントだと言えます。

 

ステップC建物の構造を知っておく

 

 

建物の構造と言ってもあまり関係ないんじゃない?と思いますが、
実は建物の構造はとても重要で、保険料に2倍、4倍近くの差が出てきます。

 

まず火災保険にはM構造・T構造・H構造という3種類があり、
一戸建ての場合は基本的にT構造かH構造に分かれます。
(マンションは基本的にM構造になります。

 

一戸建ての建物の構造 説明 保険料の違い
T構造  

柱がコンクリート造、鉄筋造             
(木造でも耐火建物、準耐火建物、省令準耐火建物の場合はT構造)

T構造を1とする。
H構造   木造住宅 T構造の2倍

 

大まかに分けるとこのような分類になります。
耐火建物、準耐火建物、省令準耐火建物については
こちらの記事でくわしく説明してあります。

 

ステップD補償金額を決める

 

火災保険は被害にあったとき補償金額に応じて、保険金が支払われます。
この部分は基本的に計算方法も難しいので
火災保険に入るとき細かく考えなくても良いのですが、
一つ確認するべきことがあり、
それは建物の価値が新価か時価で判定されるかということです。

 

どういうことかと言うと
新価は建物を建てたときに必要だった費用で
時価というのは被害を受けたときの建物の価格です。

 

例を挙げると住宅を3000万円で購入して、10年後家の価値が2000万円に下がって、
その時に火災が起きたとしましょう。

 

新価で補償される場合は3000万円まで補償されますが、
時価の場合10年後の被害を受けたときの価格の2000万円までしか補償されないということです。

 

つまり新価の方が補償が充実していてお得だということです。

 

最近は多くの火災保険会社が新価で判断してくれますが、
一応ですが、確認してみることをおすすめします。

 

ステップE契約期間を決める

 

 

 

火災保険の契約期間は1年から10年までの期間で契約が可能です。
火災保険を見直しを適度にするために3年から5年程度で
契約する人が多いようです。

 

また契約期間は長ければ長いほど保険料が割引になって、
最長の10年間契約すると保険料が8%から23%に抑えることができるので
保険料をできるだけ安くしたい方は10年契約もおすすめです。

 

ですが保険の内容も日々変わっていくので、
10年契約だとしても3年から5年ごとに保険を見直していくことで
より保険料を節約することができます。

 

 

20万円の節約!?火災保険を安くするためのポイント

 

 

 

火災保険の選び方を紹介してきましたが、
火災保険を保険料を安くするために抑えておくポイントについてご紹介します。

 

ポイントをしっかりと抑えておくことで、
保険料を10万・20万もしくはそれ以上節約することができるのでぜひじっくりと見てみて下さい。

 

@不要な補償は減らす

火災保険では住宅のさまざまな被害を補償しますが、当然全ての被害を補償する必要はありません。

 

住んでいる地域の自然環境や周りの状況によって補償するべき被害も変わってきます。
ですので必要な補償は残しておいて、不要な補償は削っていった方が
火災保険をより効果的に使うこともできますし、保険料も節約することができます。

 

といっても補償は何が必要かいらないかいまいち分からないという人も
いらっしゃると思うので特に不要なことが多い補償を紹介します。

 

(住んでいる地域によっては全て必要なことがありますし、
あくまでも必要性が薄い場合がある補償ということです。)

 

水災

 

 

特に注意するべきなのが水災です。
水災といっても西日本豪雨などがあったので
今後もそのような災害が起きたときのことを考えて、備えておくのは重要ですが、
水災のリスクが低い地域に住んでいるなら外すのもおすすめです。

 

例えば近くに川がない、高台に家があるなどの要因で、
なかなか水災の被害に遭うことが少ない場合などです。

 

10年契約だとすると水災を外すことで10万円近く節約することが可能です。

 

つけるべきかどうか迷う人は
ハザードマップを利用するのがおすすめです。
ハザードマップという災害が万が一起こったときの被害範囲を教えてくれるものが
あり、自宅が万が一水災が起きたとき、範囲に入っているかということが確認できます。
ネットからでも見ることができるので一度利用してみることをおすすめします。

 

水濡れ

 

 

水災との違いが分かりにくい補償だと思いますが、
あくまでも水災は豪雨や台風などによる洪水の被害を補償するもので、

 

水濡れは水道管やトイレと言った排水・給水設備による被害を補償するものです

 

特に集合住宅などで上の階から水が漏れてきてしまったなど水濡れリスクが高いのでつけることも多いですが、
一戸建ての場合は外すのも一つの手です。

 

A免責金額を設定する

 

免責金額を設定すると言ってもいまいちわからないかもしれませんが、
免責金額というのはいざ被害にあったとき、保険会社ではなく自分で負担する費用ということです。

 

例えば免責金額を10万円に設定したら10万円以内の分は自分で負担するということです。

 

免責金額を大きく設定するほど割引率が高くなります。

 

一つ例を挙げると

セゾン損保
10年契約/東京都/築15年木造/一戸建て/地震・家財保険に加入/全ての補償をつけたフルスペック

 

免責金額(自己負担額) 年間の保険料
0円 102250円
5万円 100150円
10万円 98550円

 

 

免責金額が0円にしたときと10万円にしたときでは年間3700円違っていて
10年契約になると37000円も違っています。

 

10年に一度住宅に被害が起こるかどうかというレベルなので
保険料を少しでも安くしたい方は設定することがおすすめです。

 

B保険料が安い保険会社を選ぶ

 

 

保険会社ってどこも同じじゃないの?と思うかもしれませんが、
実は各保険会社ごとに保険料は大きく違っています。

 

例えば火災保険に水災だけをつけた場合は
A社の方が3万円だけどB社は5万円、風災だけをつける場合はA社が
5万円でB社の方が3万円だったりと(あくまでも例です)
補償内容などによっても保険料は変わってきます。

 

また地域ごとによっても保険料は変わってくるので、
結論を言ってしまうと
家庭ごとに一番安い保険会社は変わってくるということです。

 

保険料が安い会社の選び方

 

 

 

火災保険はいくら補償内容が同じでも、
会社によって保険料の計算方法が違っているので保険料は変わってきます。

 

例えば水災だけつけた場合はA社の方が安いけど
風災だけつけた場合はB社の方が安いということが実際にあります。
しかも10年間で考えると10万円損していたなんてこともあります。

 

ですので保険会社をできるだけ比較することが重要ですが、
各保険会社にわざわざ見積もりを取っているととても手間がかかります。

 

そこで保険料が安い会社を見つける際におすすめなのが、火災保険の一括見積サイトです。

 

一括見積サイトは安い会社を選ぶのに便利!

通常は各保険会社に一件一件見積もりを依頼する必要がありますが。
一括見積サイトはたった一度の入力で
全ての会社に見積もりを申し込むことができるサイトです。

 

無料でしかも数分で入力することができるので、
火災保険を選ぶうえでは、
一度利用してみると、各保険会社の違いを知ることができるので、おすすめです。

 

⇒火災保険の一括見積もりサイトはコチラ!

 

一括見積サイトのデメリット

 

 

一括見積サイトは火災保険を選ぶうえでとても便利なツールですが、
いくつかのデメリットも存在します。

 

@結果が出るまでに1週間程度時間がかかってしまう。

 

一括見積もりサイトはサイトによっても違いますが、
一括見積サイトは各保険会社に見積もりをとっているので、
1週間程度時間がかかってしまう場合があります。

 

ですので住宅が完成していて急いで火災保険に入りたい、
選びたいという人にはおすすめできません。

 

A必ずしも全ての会社の見積もりが届くわけではない

 

よく12社の見積もりを一括でとります。
10社の見積もりを一括でとりますと宣伝しているサイトも
多いですが、必ずしも全ての会社の見積もりが届くわけではありません。

 

11社見積もりをして8社しか見積もりの結果が出ない場合があります。
ですので必ずしも全ての会社の見積もりが届くわけではありません。

 

一括見積サイトのメリット

 

 

一括見積サイトはデメリットがありますが、その分得られるメリットも多いので紹介します。

 

@複数の会社を簡単に比較することができる。

 

複数の会社を比較すると言っても、わざわざ会社に見積もりをお願いして、
何社も何社もとやっていると日が暮れてしまいます。

 

ですが一括見積もりサイトを使うことで、
一度の入力で簡単に見積もりを依頼することができるので手間を省くことができます。

 

しかも基本的に一括見積サイトは
初めて利用する人にも分かりやすく、項目をクリックしていけばいいので、
インターネットに不慣れな人でも簡単に申し込みをすることができます。

 

A見積もり機能のみで全て無料で使える

 

火災保険の一括見積サイトとなると、
何かお金が取られるのではと心配になるかもしれませんが、
保険の見積もりをしてくれるサイトというだけなので、無料で使うことができます。

 

その分サイトを見ると広告が載ってたりもしますが、
基本的にはあくまでも一気に見積もりを申し込むことできるサービスということです。

 

B火災保険を二十万円以上節約できる可能性がある。

 

火災保険は会社ごとによっても同じ補償内容で一年で1万、2万近く変わってくる場合もあり、
しかも水災や風災と言った補償を見直すことで、10年間で何十万円もの節約をすることができます。

 

スーパーでセールでできるだけ食費を浮かそうなど
節約と言ってもさまざまありますが、数十万円の節約はなかなか難しいものです。

 

 

信頼できる火災保険の一括見積もりサイトとは

 

 

火災保険一括見積もりサイトと言っても様々あるので、
特に火災保険の一括見積もりサイトの中でもオススメなサイトを紹介します。

 

火災保険イッカツ

 

 

株式会社イッカツが運営しているwebサイトで
株式会社イッカツはこの他にも住宅ローンを一括仮審査をすることができるサービスなども提供しています。

 

歴史としては2010年とまだまだ新しい会社ですが、
比較できる保険会社は増えてきており、
一括見積もりサイトの中でも多い16社を一括見積比較できるサイトです。

 

あいおいニッセイ同和損保や三井住友海上保険と言った日系の大手損保も
取り扱っていますが、安さが定評の外資系保険やセコム損保と言った
幅広いジャンルを比較することができるので安くて信頼できる火災保険を選ぶことができます。

 

 

⇒火災保険のイッカツはコチラ!

 

火災保険で知っておきたい質問コーナー

 


火災保険で知っておきたいについてまとめてみました。
これを知っておくだけでだいぶ便利なのでご紹介します。

 

一戸建ての火災保険の相場とは?

 

火災保険の価格決定の仕組みは住んでいる地域や補償内容によっても
大きく異なってくるので一概には言うことができませんが、
主に建物の構造によって保険料が大きく変わってきます。

 

ですので建物別に相場をまとめてみました。

 

T構造(柱がコンクリート造、鉄筋造)

 

補償内容 10年契約の保険料合計(10年間分)
補償全部(地震・家財保険は未加入) 8万円〜10万5000円
火災・風災・水災 7万円〜10万円
火災・風災 3万3000円〜6万6000円

 

※木造でも耐火建物、準耐火建物、省令準耐火建物の場合も含む 

 

H構造(木造住宅)

 

補償内容 10年契約の保険料合計(10年間分)
補償全部(地震・家財保険は未加入) 17万〜22万
火災・風災・水災(破裂・汚損なし) 16万5000円〜21万
火災・風災 7万〜13万

 

ここに当然額にもよりますが、地震保険や家財保険もつけると大体ですが、
年間2万円程度かかるので10年間の契約の場合火災保険の保険料に20万円上乗せされる形になります。

 

火災保険ランキングで決めていい?

 

火災保険ランキングというのは大きな落とし穴があり、
火災保険の場合はランキングがほとんど機能しません。

 

例えば保険料が安い保険会社を知りたいと思って、
ランキングで選んだとしても保険料と言うのは県単位ではなく、
市区町村単位で決められているのでほとんど意味をなしません。

 

どういうことかというと火災保険料はもちろん建物の構造、材質もそうですが、
近くに消防署があるのか、住宅が密集していないか、空気が乾燥していないか
など(空気が乾燥していると燃えやすいことから)
保険料だけでも一人一人違っていますし、
しかも補償内容と言っても一人一人必要な補償というのは違ってくるので、
無数の選び方があります。

 

ですので火災保険は一人一人内容も価格も全く違うものになるので、
一度は軽くでも良いので比較してみることで
補償内容が充実していながら保険料が安い会社を選ぶことができます。

 

一戸建ての火災保険の見直しで見るべき点は?

 

まず見直しで見るべき点の一つとして補償内容だと思います。

 

 

特に水災は地域によっては水災リスクが低い地域もあるので、
不要な場合取り外すことで10年で10万円近くの節約を見込むことができます。
また風災などにおいて免責金額を設定することで、保険料を抑えることができます。

 

免責金額とは自己負担額のことです。
例えば免責金額を5万円に設定した場合5万円以内の被害は自分で支払うことになります。
大きく設定すればするほど保険料は抑えられますが、その分自分の負担も増えてしまうので貯金額などと照らし合わせて決めるのがおすすめです。

 

火災保険って途中で解約したらお金は戻ってくる?

実はあまり知られていませんが
火災保険は途中で解約しても残りの分のお金がしっかりと申請すれば戻ってきます。
支払われるのは基本的に残りの分の保険料が返金されます。
ですが注意してほしいのが保険会社に自分から申請する必要があります。

 

ですので引っ越しのときなどはしっかりとお金を申請するように注意しましょう。

 

一括見積もりサイトを使う時正確な情報は必要?

 

正確な情報があったほうが結果は正確に出ますが、
あくまでも見積もりなので大まかの情報で大丈夫です。
いざ火災保険を契約するときに、書類をそろえればもう一度計算しなおしてくれます。